wadai.jpg
【話題】『生活苦しい62%』

 『生活苦しい62%』

「生活が苦しくなっている」、と答えた世帯は集計全体の62.4%と過去最高になっていることが厚労省の発表で明らかになった。苦しくなったと答えた中で、「大変苦しい」という割合が29.7%という。 0703.jpg

アベノミクス効果で大手企業中心に業績好調でGDPも堅調だが、好況感を満喫できているのは、まだ一部分で大多数の人は消費税引き上げなどもあって生活は圧迫感を感じているようだ。東海道新幹線で焼身自殺した人は年金に対する不満があったと報道されている。

今後、消費税10%への引き上げが計画されているが、このままでは反発が強まるのではないだろうか。政権は、今は景気より安全保障問題につききりだが、安保問題にも国民の反発の雰囲気が強まっており、生活苦のマイナスが加わると内閣支持率低下が心配だ。なんとか、株だけでも元気でなくてはいけないということだろうか。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

05_report27.jpg
【相場展望】

日経平均週足は包み足の強い形で上値指向、ギリシャ国民投票次第では急伸も

 日経平均の週足でみれば強い展開である。6月第4週(6月22日〜26日)の週足は約500円幅の大きい陽線でその前の週足4本を包み込む足となりチャートでは強い動きとされる。しかも、昨年10月以降、下値は13週線にサポートされる好展開となっている。チャートで見る限り、日経平均の上昇基調は続いている。

 背景には、引き続きROEに対する注目があるだろう。「スチュワードコードとコーポレートガバナンスコードにより企業がROEを重視してきたことが大きい。アベノミクスを表通りとすれば、2つのコードは裏通りといえるが効果は非常に大きい」(経済評論家・小倉正男氏)という。

 今年5月頃からROEが10%を超えるエリート的銘柄が好人気となっている。「エリート銘柄はまだ買い切っていない。少なくとも年内一杯は続くだろう。東証1部の売買単価は1100円台の高水準が続くだろう」(中堅証券)との見方である。さらに、「年末には日経平均2万4000円を見通している。米国の利上げでドル高・円安基調から円安関連の主力が引き続き中心の展開だろう」(株式評論家・中西文行氏)との見方だ。

 足元では、ギリシャのIMFへの返済不履行が表面化したが世界のマーケットが大崩れする展開ではなかった。5日のギリシャの国民投票の結果にもよるが、仮に、ギリシャ国民がユーロ圏に残る道を選択すれば週明けのNYダウなど世界のマーケットは急伸が予想される。

 国内では3月期決算銘柄の第1四半期(4〜6月)決算が発表となる。前期決算を発表した4月末から5月頃に比べると円安となっていることから輸出関連銘柄に対し好決算が期待される。ただ、それによって来年3月期を上方修正するとは思えないが、「上方修正含みの内容」として株価の上値追いの手掛かりとなるだろう。

 個人投資家は優良株をかなり売却したとみられることからう上値での売り物はかなり薄くなっている。むしろ、個人は先の日経平均2万円割れでは大量買いに出たようにこれから下げれば個人買いは予想される。マーケット全体に派手さはないものの上昇相場が続きそうである。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR 犬丸正寛の相場展望)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。