05_report27.jpg
【相場展望】


外部要因に代わって内部要因急浮上、「内閣支持率」と「景気」に最大の注視を

これからの相場は、ギリシャ問題一巡から国内の内閣支持率低下を意識した展開が予想されそうだ。

 日経平均は、(1)ギリシャ問題の不透明感が強まったことと、(2)中国株急落を嫌気して去る9日には下値のフシとみられていた2万円前後を切って1万9115円まで急落した。

 そのギリシャ問題は、ギリシャがEUの最後通告を受け入れたことでギリシャへの第3次支援が決まる見通しとなり、中国株も下げ止まったことで、日経平均は急反発に転じ、17日には2万0658円まで値を上げた。年初来高値2万0952円に手の届くところまで来ているが、高値を更新して上値を伸ばすのは容易ではなさそうだ。なぜなら、次のような点が上値を押さえそうだからだ。

(1)日経平均が9日安値から6営業日で約1543円(約8.0%)上昇、ピッチの速さに警戒感がある
(2)中国株の先行き及び中国経済の先行きは依然、不透明である
(3)安倍内閣の支持率低下が気になる
(4)新国立競技場の計画下方修正ならオリンピック関連株に水を差すことになりそうだ
(5)日銀総裁が2015年度の実質GDPを下方修正した
(6)外国人投資家が売りを継続している
といったことである。

■立派なビルは企業なら経営悪化に、ましてや借金抱えての大判振る舞いは問題

 安倍内閣が最重要課題としていた安全関連法案の衆議院通過で大きい目標は達した。しかし、そのツケで国民の内閣支持率は大きく低下している。さらに、支持率低下が続くようだと安倍内閣の存立問題に波及する心配がある。日本を巡る軍事面の脅威の高まりは理解されていても現実の生活の厳しさに対する不満が国民の間に根強い。新国立競技場に多額の建設資金を投じるのなら庶民生活に回して欲しいという声である。むろん、「ギリシャ以上の多額の国の借金を抱えているのだからいい格好するときではない。企業でも立派なビルを建てると経営は悪化する」との声まで聞かれる。

■中国不振が日本のGDPに悪影響も、外国人の日本株売りはあなどれない

 中国株は下げ止ったが先行きは不透明だ。とくに、経済の減速が目立っており、このことが日銀総裁の2015年度GDPの下方修正(2.0%を1.7%)の背景にもなっているといえる。10〜12月期、1〜3月期とGDPは2期連続プラスで景気の本格上昇が期待されているが、8月に発表される4〜6月GDPがもしもマイナスに転じるようなら株価は下げる心配がある。

 仮に、外国人投資家が内閣支持率低下、GDPの減速を嫌気して売り越しているとしたら外国人投資家売りを国内投資家が肩代わりしていることになる。もしも、政権交代、景気下降ということにでもなれば、相場はこの水準で踏みとどまることは難しくなるだろう。

 強気相場の中にも慎重さが求めらる局面のようである。アベノミクスの取組みを見極めるところに差し掛かっているようだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR 犬丸正寛の相場展望) 
335.jpg
モバイルファクトリーは位置情報連動型ゲーム


「ステーションメモリーズ!」で、「日本全国の「花火大会」へお出かけしよう!!」を開催

■花火大会開催最寄り駅で位置登録を行うとゲーム内アイテムが付与される

モバイルファクトリー<3912>(東マ)は、フジテレビジョンと共同で、コロプラが提供する位置情報サービスプラットホーム「コロプラ」と「App Store /Google Play」上で提供している位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!」で、全国で開催される花火大会を舞台としたイベント「日本全国の「花火大会」へお出かけしよう!!」を7月16日(木)から開催した。
開催期間は、7月16日から9月14日まで。

「ステーションメモリーズ!」は、スマートフォンの位置登録機能(GPS)を使って、実際に移動して位置情報を登録することで日本全国の駅を集めてまわる駅収集位置ゲーム。ライフログやスタンプラリーの要素から、多くのユーザーが楽しんでいる。

「日本全国の「花火大会」へお出かけしよう!!」は、位置ゲーム「ステーションメモリーズ!」で移動を楽しみながら、日本の夏の風物詩である花火も鑑賞できる。

花火大会開催最寄り駅で位置登録を行うと、非売品含むゲーム内アイテムが付与される。全国各地の花火大会の情報も紹介している。

このニュースが昨日発表されたこともあり、前場の株価は、前日比55円高の2057円で引けている。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)  
05_report27.jpg
GDP下方修正は織込んだか


『GDP下方修正は織込んだか』

マーケットは、日本の4〜6月GDPを材料視している。日銀が15日の金融政策決定会合で2015年度のGDP(実質)をこれまでのプラス2.0%からプラス1.7%へ下方修正した。

 「当然、4〜6月のGDPを織込んでの下方修正だろうから4〜6月はそうとう悪い数字となる心配がある。GDPは、昨年10〜12月期、今年1〜3月期と2期連続でプラスだったが、もしも4〜6月期がマイナスとなれば景気の腰折れ感が強まりそうだ」(中堅証券アナリスト)。

 国内要因より中国など海外景気の減速が影響しているようだ。4〜6月期GDPは8月中旬に発表予定。「仮に、悪い数字なら日銀の第3次量的緩和が予想される。3度の量的緩和が終わったあとのGDP減速なら株価は下げるだろうが、もう一度、打つ手が残っているから今回の発表で大きく下げることはないだろう」(同)という。ただ、安保関連法案につききりで、景気はカヤの外となったのでは内閣支持率低下もあるだけに心配ではある。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)  

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。