05_report27.jpg
【どう見るこの株】東芝は戻り一巡感から下げに転じる、まだ嵐の前の静けさ、大量の信用買残がポイント


東芝は戻り一巡感から下げに転じる、まだ嵐の前の静けさ、大量の信用買残がポイント

tokyo_stock.jpg 東芝<6502>(東1・売買単位1000株)は戻り一巡感から再び下げに転じてきた。不正経理問題は1500億円超の利益減額修正の見通しから決算上ではほぼ織込んだとみられるが、上場維持の有無はこれからで大量の信用買残がどう作用するかがポイントといえるだろう。

<Q>東芝の株価は再び下げてきたようだが。

<A>29日(水)は17円70銭安の365円50銭で引けている。去る、7月16日に年初来安値となる361円20銭まで下げ、21日には407円50銭まで戻したが、25日線を上回ることができなかったことから上値限界感から処分売りとなっている。

<Q>信用買残が多いといわれるが。

<A>信用買残が多い最大の理由は、多くの名門優良株がフシとされていた2007年高値を次々と上抜く中で同社株は07年高値1185円に対し4.5〜5.0合目にとどまっていたため出遅れ感から、「いずれ上がる」という期待で信用取引を交え買われていた。

<Q>信用買いの投げは予想されるか。

<A>買いの平均コストは450円程度とみられる。まだ、今の株価水準なら買い方としては持ちこたえられる水準といえるだろう。むしろ、買方の中にはナンピン買いしている動きもあるようだ。ただ、仮に300円へ接近するような展開になれば追証の発生も予想され株価の動きはあわただしくなるのではないだろうか。今は嵐の前の静けさかといえるかもしれない。

<Q>不正経理問題は表面化したので株価的には出尽くしではないのか。

<A>約1500億円超の利益減額見通しで決算的には出尽くしとみていいだろう。しかし、毀損された信用等の影響をどう見るかという点では未知数だ。とくに、不正経理処理の間にファイナンス(資金調達)をやっていたことが詐欺行為に当るのではないかと報道されていることがある。もしも詐欺と認定されれば上場を維持することは難しくなる心配がある。仮に、上場廃止となれば信用買残は処分売りということも予想される。

<Q>下値の目処は。

<A>推定平均買いコスト450円から3割下げの315円で下げ止まるかどうかだろう。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
 
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。