05_report27.jpg
【今日の言葉】第1四半期決算好調だが喜べぬわけ


『第1四半期決算好調だが喜べぬわけ』

tokyo_stock.jpg 2016年3月期・第1四半期(4〜6月)の決算発表が、明日4日のトヨタ自動車(7203)の発表をもって主力銘柄の発表が一巡する。これまでの発表銘柄について企業数の7割が増益になっていると日本経済新聞が報道している。

マーケットはどう見るか。先行発表したファナックなど優良銘柄には業績のよくないところも目立つ。ということは、アベノミクス効果を満喫してきた銘柄には効果一巡感があるのではないだろうか。遅れて、これまでアベノミクス効果を満喫していなかった3、4番手銘柄が業績好調ということではなかろうか。仮にそうだとすれば、これから発表される4〜6月のGDPがマイナス成長とも伝えられているだけに企業業績にもこの先、楽観できないことになりそうだ。

これまで、景気と企業業績と株価を伸ばすエンジンとなってきた、「円安」、「年金買い」、「公共投資」に陰りが出始めているだけに、ここからは政府が景気に対し、どう動いてくるかが大きい視点となりそうだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
   
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。