05_report27.jpg
【どう見るこの相場】中国ショックの行方


■上海総合指数3000ポイント維持できても先進国へ脱皮できるかどうか世界の眼はさらに厳しく

220px-Chinese_flag_(Beijing)_-_IMG_1104.jpg どう見るこの相場
<Q>中国の通貨・元、切り下げで日米のマーケットが荒れているようだ。しかし、おおもとの中国の株は堅調のようだが。

<A>通貨を2%切り下げたことで11日のNYダウは212ドル下げ、12日の日経平均は327円安となった。12日の上海総合指数は下げてはいるが41ポイント安の3886ポイントにとどまり、先の安値3597ポイント(7月8日)には余裕のある水準だ。

<Q>なぜ、中国株価は堅調か。

<A>1つには、中国政府が売買を停止するなどいろいろな策で株価を支えていることがあるだろう。もう一つは元が安くなる効果で輸出競争力が増して中国経済が上向くという期待があるものとみられる。

<Q>しかし、世界の株価は下げている。

<A>やはり、GDPで日本を抜き、アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国となった今日、世界経済への影響は無視できない。最近騒がれたギリシャの比ではないということがある。当然、米国経済は影響を受ける。日本では対中貿易等の取引は縮小しているものの、建設機械、化粧品などの取引は多く、12日のマーケットではコーセの株価が大きく下げている。仮に、中国経済が長期停滞に移れば、日本へのインバウンド効果も薄れる心配がある。

<Q>中国は人口13億人の大国だから中長期的には成長が期待できるのでは。

<A>人口の多いことは経済発展にとって武器だから大いに期待できる。ただ、GDP規模では世界第2位だが、1人当りGDPということでは、お世辞にも立派とは言えない。1人当り所得を伸ばすことができるかどうかが今後のポイントといえる。中国に対し言われるところの、「中所得国の罠」といわれる点を抜け出すことができるかどうかだろう。

<Q>どういうことか

<A>中国は豊富な労働力と、とくに安い賃金を武器に低所得国から中所得国となったが、低賃金を使うことができなくなっているため、ここからは技術力、勤勉性などで国際競争力を高めることができるかどうかにかかっている。身近なところでは、中国の人が自国の食品は安心して口にできないと言っている状況を打破できるが勝負だろう。上海総合指数は3000ポイントを維持できたとしても世界の見る眼は中国が先進国に変身できるかどうかについて益々、厳しくなるだろう。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

05_report27.jpg
【今日の言葉】やはり気になる中国


『日経平均急落、やはり気になる中国』

220px-Chinese_flag_(Beijing)_-_IMG_1104.jpg 前日(11日)に日経平均(場中値)は年初来高値まで6円と迫っていたが、中国通貨切り下げショックで12日は2万0426円と前日高値から約520円下げた。マーケットでは、「日本経済は、既に、脱中国で頑張ってきた。企業業績は第1四半期で20%台の増益なのにマーケットは脱中国ができていないのだろうか」(中堅証券)と呟いている。

 確かに、日本経済は大反日運動の高まりもあって中国から撤退企業もみられ貿易も縮小気味で推移。中国関連銘柄は人気が離散の展開だった。だが、今日のマーケットの動きから見る限り、マーケットは中国離れはできていないようだ。

 その背景には今年になって来日中国人観光客の急増、国内消費に大きい恩恵をもたらしている「爆買い」の冷え込むことに対する懸念があるようだ。

 尖閣を巡る緊張は幾分、和らいだようだが、根本のところでは気を緩めることはできない。「これから先、中国経済が一段と悪くなるようなら再び対外強行姿勢をとってくることも予想される」(同)と、やはり、中国の動向は気になるようだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)  
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。