05_report27.jpg
【今日の言葉】短期売買の極意は?
sample03.jpg


『短期売買の極意は?』=全体相場の方向が定まらない今のようなマーケットでは、その日のうちに買って売るという日計り売買が活発のようだ。しかし、日計りとは言っても漠然とやっていたのでは儲けることは難しい。日計りを中心に売買している50歳代の個人投資家に酒席の勢いを借りて聞いてみた。

 もちろん、極意は教えてもらえるはずがないが、それでもヒントはあった。チャートは、「分足」を使い、前場は、「9時15分〜9時30分」に買って、「11時を目処に売却」という勝負ということのようだ。たとえば、8日(火)のトヨタ自動車なら9時00分に7089円で寄付き、9時10分に安値7030円をつけ、11時11分には7159円の高値で安値から高値まで129円の上げ。寄り後の安値で200株購入なら2万5800円の儲けということだ。

 寄り後は必ずと言ってよいほど軟調となり、そこが狙い目という。こうして当の投資家氏は1日、2〜3万円を着実に稼いでいるという。もちろん、このやり方が広まれば、寄り後の買いが変わってくることも予想されるが、また新しい方法が生み出されることだろう。短期売買の方も努力されているのである。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。