wadai.jpg
【話題】日経平均史上9番目の1343円高

n11-9d98f.jpg


■安倍総理再選とアベノミクス継続が背景、戻り売りから押し目買いに基調が転換

 9月9日(水)の日経平均は、前日までの弱気一色地合いから一転して1343円高の1万8770円と急伸し今日の高値で取引を終えた。

 特に、昨日までと大きく経済情勢が変わったわけではない。中国経済は依然、先行き不透明だしアメリカの利上げ問題も宙に浮いた状態だ。

 大きく違うとすれば、やはり、8日に安倍総理が無投票で自民党総裁に再選されることが決まったことだろう。なぜなら、これによって10月の新内閣後、中国経済以上に先行きが心配されていたアベノミクスが続行されることになったからだ。総理もアベノミクス、「第3の矢を射る」、と明言された。これで、一時は総理の辞任説も流れ、外国人投資家に不安を与えていただけに外国人投資家にもっとも安心感を与えたといえる。外国人投資家は8月中に約1兆1000億円売り越していたが、恐らく、安倍政権続投から買い越しに転じているものと推測される。

 8月の急落は買方の投げ売りが中心だったが、今日は一転して空売り筋が慌てて買い戻しに動いたといえる展開だ。恐らく、下値にまとまった外国人投資家の買いが入ったとみられることで大慌てしたということだろう。

 今日の日経平均の上昇幅は史上第9位、値上がり率7.71%は第10位ということだ。

 短期的には、売り方の買い戻しが一巡すれば上げ足は鈍るだろう。しかし、今回の歴史的な上げで、これまでの、「戻り売り基調」から、「押し目買い基調」に転換したことはまず間違いないだろう。そのバックグランドは、言うまでもなく、『アベノミクス総仕上げ相場である』。当然、日銀による第3次量的金融緩和が含まれているものとみていいだろう。

 どうやら、これで年末に日経平均の2万円期待が見えてきたようだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
05_report27.jpg
【今日の言葉】テーマ株が久々、息を吹き返す
sample03.jpg

『テーマ株が久々、息を吹き返す』=自民党総裁の3年間の任期が9月末で終わることから新しい総裁選びが行われるため立候補届出が8日締め切られたが安倍氏以外の立候補はなく無投票で安倍総裁の続投が決まった。10月に新内閣がスタートする。

 マーケットにとって嬉しいことは、安倍総理が10月の新内閣では、「経済最優先」を表明していることだ。3年経過したアベノミクスが腰折れまでには至っていないものの、かなり疲労感がみられるだけに再び経済最優先を打ち出すことは萎んでいる株価にも恵みの雨といえる。

 アベノミクス3本の矢の3本目は成長戦略推進である。水素エネルギーなど日本の得意とする技術に関連したテーマ銘柄が久々に息を吹き返しそうだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。