05_report27.jpg
【相場展望】

kabu17.jpg


日経平均はNYダウ離れの展開に、師走相場人気も加わり日経平均2万円へ

日本のマーケットは、徐々にNYダウ離れをする展開だろう。日経平均は引き続き2万円台を指向しているとみてよいだろう。

 NYダウは8月の中国ショック安値1万5370ドル(場中値)から11月3日の1万7977ドル(場中値)まで約2カ月半で約2600ドル上昇した。途中、12月利上げがほぼ確実視されたものの振り切っての上昇だった。ここに来てのNYダウ調整は当然だろう。NYダウは1万7000ドル前後までの下げは予想されそうだが、しかし、日経平均には大きくは響かないだろう。

 なぜなら、依然、日経平均はNYダウに対し出遅れ感がある。しかも、アメリカは、これから利上げに向かうのに対し、日本は来年7月の参議院選挙及び再来年4月の消費税10%(現在8%)をを控え金融の量的緩和が見込まれる方向にある。この違いは日米株価にとって非常に大きい。

 しかも、日本は日本独特の師走相場という人気的な要因もある。恐らく、日経平均はNYダウ離れをして独自高に向かうものとみられる。分かりやすい指標でみれば今年8月7日に日経平均はNYダウに対し3351ポイント上ザヤだった。それが、去る11月2日には855ポイントまで縮小していた。現在、日経平均の上ザヤは2200ポイントていどだが、恐らく3300ポイントを目指す展開だろう。その結果、日経平均は年末年始に2万円台に乗せるものとみられる。

 物色はこれまでの主力株だけでなく、業績のよいことに加え、師走ということもあって材料を内包している銘柄が注目されることになりそうだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR=犬丸正寛)

05_report27.jpg
【どう見るこの相場】NYダウ急落の行方

1015NY.jpg


■NYダウ9月18日以来の200ドル超す下げ、ハシャギすぎの反動化

どう見るこの相場 NYダウが12日、久々に200ドルを超える急落となった。12月利上げが確実とみられる中、8月ボトムから1本調子に上げてきた反動が主因とみられる。この先、どう動くか。

<Q>NYダウが急落したが。

<A>12日(木)のNYダウは終値で254ドル安と、今年9月18日(金)の290ドル安以来の大幅な下げとなった。

<Q>原因は。

<A>ひとことで言えばやり過ぎの反動だ。12月の利上げがほぼ確実視される中で利上げを無視する形で1本調子に上げてきたことに対する反省だ。とくに、中国ショック安でつけた8月26日の1万5666ドルから11月6日の1万7910ドル(終値)まで約2200ドル上げている。ピッチが速かったか、遅かったか、といえば間違いなく速かった。

<Q>景気の良さがあったのでは。

<A>もちろん、それはある。雇用の数字は非常によく米国景気の強さを改めて見直すことにつながったと思う。しかし、それによって12月の利上げ開始が確実とみられている。

<Q>NYダウはどうなる。

<A>利上げ観測で思い出されるのは今年始めの相場だ。6月に利上げがあるだろうということでNYダウは高値圏で長期間モミ合った。今回も同じように高値圏でモミ合う可能性があるように思われる。実際に12月に利上げが行われれば、その後は利上げの影響で景気がどうなるか、2回目の利上げの有無などを巡って新たな相場形成になるだろう。

<Q>日経平均はどうなる。

<A>日経平均も中国ショックの8月ボトムから2800円ていど上げている。当然、一服があっていい。ただ、NYダウとの大きい違いがある。アメリカは利上げするのに対し、日本はまだ3度目となる金融緩和が予想されることだ。しかも、17年の消費税を考えれば、量的緩和は遠くないはずだ。この日米の差で日経平均はNYダウ離れする可能性はあるだろう。とくに、日本特有の師走相場を考えると基本的には日経平均が2万円を指向しているとみていいだろう。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。