05_report27.jpg
【今日の言葉】外交で成果の安倍政権、16年は生活実感社会へ

sample03.jpg


 『外交で成果の安倍政権、16年は生活実感社会へ』

28日(月)、韓国との間の慰安婦問題が決着した。年末ぎりぎりの決着だったが、安倍政権がスタートした2012年12月から丸3年というフシ目であり政権の成果の一つといえる。とくに、この3年を振り返れば、デフレ脱却の兆しが出たことも大きい成果だが、それ以上に、「外交」での成果は国民にとって評価すべき点だろう。

 悪化していたアメリカとの関係を修復し、尖閣諸島への展開を許していた中国との関係も改善、そして、今回の韓国との関係修復である。いずれも前政権においてこじれてしまったものだが、世界の中で食べていかなくてはいけない日本は外交なくしては繁栄と安定は難しい。この意味ではこの3年の安倍政権の外交は評価できる。残るは、もう一つこじれている沖縄問題である。

 会社経営でも球団運営でも前任者の不振を立て直すことは、どこに手を入れるかということにおいては目標が明確であり、安倍政権も突き進みやすかったと思われる。今後は、安倍政権が日本株式会社をどういう姿にするかという、「作品」を作り上げる局面といえるだろう。既に、GDP600兆円、1億総活躍社会といった「絵」は示されているが、まだ、デッサンの段階であり国民の目には実感がわいて来ない。2016年は外交から内政へ。とくに、デフレ脱却が実感できる内容が求められるところだろう。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。