05_report27.jpg
【今日の言葉】やはり中国から目が離せない

sample03.jpg


 『やはり中国から目が離せない』
 

中国のGDPが発表された。(1)昨年10〜12月期は6.8%の伸びだが、前年同期に比べると2.4ポイントの低下、(2)昨年1年間(1〜12月)では6.9%の伸長だが、前年に比べ0.4ポイントの低下〜という内容だった。

 世界でみれば6.8〜6.9%の伸びは優秀だが、図体の大きい(人口の多い)国にとっては、食べさせていくだけのエサ(GDP)が必要で、そのためには、GDP7%以上の伸びは必要と指摘され中国自体も7%維持を目標に掲げてきた。

 中国ではオリンピック、万博を刺激剤として生産設備が一気に膨れ上がり、現在、かなりの生産過剰を抱えているとみられている。一方、原油価格の歴史的な低水準に代表されるように世界景気は大不況といえる状況で中国にとっても需要不足の影響が押し寄せているようだ。

 供給が需要を上回れば、日本が20年前に経験した大デフレである。今後、中国は国内での不満を高めさせないようにしながらデフレと向き合っていかなくてはいけない。世界のマーケットが中国を直視材料とするのも当然だろう。株式マーケットが、中国離れができるのは、まだまだ先のこととなりそうだ。中国不況は終わりでなく、始まりといえるのかもしれない。動物はエサが不足すれば争いとなる。戦争だけはやって欲しくないが。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。