05_report27.jpg
【話題】人工知能が囲碁で連勝しロゼッタなど「AI」関連株が活況高


kabu17.jpg



■世界的な囲碁棋士イ・セドル九段と「AlphaGo」の対局12日にも決着か

 11日午前の東京株式市場では、全体相場が再び大きく下げたこともあり、材料株や次世代の産業テーマに乗る銘柄の値動きが活発化し、「AI」(人工知能)関連株の逆行高が目立っている。

 たとえば、自動翻訳システムのロゼッタ<6182>(東マ・売買単位100株)は昨日の15%高に続いて本日11時にかけては10%高の1845円(166円高)と戻り高値を更新し、電子データ解析などのUBIC<2158>(東マ・売買単位100株)は朝方の3%安から切り返して1.4%高と堅調相場に転換。テクノスジャパン<3666>(東1)も堅調転換して強い。

 この一因として、市場関係者の中には、米グーグルグループの英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能システム「AlphaGo」(アルファ碁)と世界的な囲碁のトップ棋士イ・セドル九段(李九段・韓国)との対局が3月9日、10日にソウルで行われ、人工知能の「アルファ碁」が2連勝と伝えられたことを挙げて注目し直す姿勢がある。

 この対局は9日から10、12、13、15日の日程で5回対戦と伝えられており、最終決着はまだ分からない。報道を総合すると、李九段は日本の井山裕太碁聖に勝利した世界的な実力者だ。

 ただ、2回戦終了後には「アルファ碁が完璧で終始リードできなかった」と語ったとされ、勝ち星の数で行けば最短で12日に勝敗がつく可能性はある。人工知能が勝った場合、株式市場では週明けに「AI」関連株が一段と人気化するとの見方も出ている。

 ほかに主な「AI」関連銘柄としては、SJI(2315)、DeNA(2432)、UKCホールディングス(3156)、テクノスジャパン(3666)、インタートレード(3747)、システムズ・デザイン(3766)、ユニリタ(3800)、フィスコ(3807)、RVH(6786)などが挙げられている。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)


05_report27.jpg
【相場展望】来週は出来高の少ない盛り上げるに欠ける展開か、四季報・春号発売で好調組買い・不振組売りの展開


kabu17.jpg


週足でみれば日経平均は3月4日(金)に1万7014円と1万7000円台に乗せ、その後今週(11日)の調整が小幅だったことでリズムとしては来週(14日〜18日)は再度1万7000円に挑戦する展開とみられる。

 とくに、外部材料に大きい変化はなくマーケット全体としては手掛かり難の状況。東証1部出来高20億株前後、売買代金2兆円前後の盛り上がりに欠ける展開だろう。こうした中で、3月期末に絡んだ法人筋の決算対策売りが予想されるため売り物の出ないような銘柄が物色対象となるものとみられる。

 また、14日(月)は東洋経済と日本経済新聞の、「四季報」の発売が予定されており、個々の銘柄では明暗を分ける展開となることが予想される。とくに、今回は、次期(2017年3月期)の企業業績に下振れ懸念の強まっていることから、17年3月期の利益不振銘柄は下げることが予想される。

 中でも注目は主力のトヨタ自動車(7203)の13年3月期予想といえる。東洋経済四季報・新春号で16年3月期1株利益は770.8円(15年3月期688.0円)と予想しているが、今度の春号で17年3月期がどのていどのEPSとなるかが注目される。株価面では、トヨタ株は2月・月足で24カ月線を割り込み、中期相場で売り転換しているだけに今回の四季報予想数値はたいへん重要である。

 来週は薄商いの中で、四季報予想の、「好調組買い」、「不振組売り」、という明暗の分かれる展開が予想される。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR=犬丸正寛の相場展望)

過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。