05_report27.jpg
【どう見るこの相場】日経平均の行方


kabu17.jpg


■2月安値に対し、「ダブル底」を形成できるかが最大のポイント、形成ならNYダウ型の急伸

<Q>日経平均が大きく下げているが、これからの見所は何か。

<A>一番の注目点は日経平均が去る2月12日の1万4865円(場中値)に対し、「ダブル底」となるかどうかだ。ダブル底をつけることができればNYダウが1月の1万5450ドルに対し2月の1万5503ドルでダブル底をつけたあと1万7811ドル(4月1日)まで急伸したのと同じように日経平均も先高感が強まることになる。

<Q>その可能性と条件は。

<A>8割の可能性でダブル底になると思われる。底打ちの条件は、1にも2にも、「円高」が止まって円安に振れるかどうかにかかっている。そのためには、アメリカの利上げがどうなるかがポイントだろう。4月利上げの可能性が薄らいだことで足元ではドル安・円高が進んでいるが、次のFOMCの6月がポイント。今のところ6月利上げが確実視され、そのときには1ドル・120円へドル高・円安観測もある。そうなれば、1カ月前の5月あたりがドル安・円高の山になる可能性はあるだろう。逆に、もしも今の1ドル・110円を切って、次のゾーンである100〜105円水準へ円高が進むようだと日経平均のダブル底は難しいだろう。

<Q>日銀の追加の量的緩和は。

<A>日本の景気の厳しいこと、選挙や消費税を控えていることなどを考えれば量的緩和で景気対策が必要なことには変わりはない。ただ、アメリカの利上げとの兼ね合いを見極めようとしているのではないかと思われる。もちろん、緩和策が出れば、日経平均のダブル底はより確実なものとなって一気に急反撥に転じるものと思われる。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

05_report27.jpg
【今日の言葉】米中首脳会談後はNYダウ高?

sample03.jpg


『米中首脳会談後はNYダウ高?』=日経平均の7日連続安とは対照的にNYダウは堅調な展開が続いている。マーケットでは、こうした背景には、「米中首脳会談のあとはNYダウ高が続く」との見方をする向きもある。

 確たる証があるわけではないが、確かに、昨年9月25日にオバマ大統領と周国家主席の米中首脳会談が行われたときはNYダウが9月25日の1万6314ドルから11月3日の1万7977ドルまで約2カ月にわたって上昇した。

 今回は3月31日に核サミットで米中首脳会談が行われている。会談の中心は、昨年も今年も、中国の南シナ海への軍事進出だったといわれるが、いずれも中国は高圧的態度で受け付けなかったという。アメリカは強い経済力を見せ付けることで、不振の中国経済に対し力のバランスをとっているようで、その象徴がNYダウ高ということのようである。

 真偽のほどは分からないがNYダウの上昇は投資家には歓迎である。今回、首脳会談の行われた日のNYダウは1万7685ドルである。前回と同じ2カ月の賞味期限とすれば5月末頃まではNYダウの堅調は続くことになるのだが。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。