michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》

(12月05日から12月09日の週)

今週号のバロンズ誌が選んだ「2017年に推奨する10銘柄」
(1)アルファベット(GOOGLE)、
(2)アップル、
(3)シティグループ、
(4)デルタ航空、
(5)ドイツテレコム、
(6)メルク、
(7)ノバルティス、
(8)トール・ブラザーズ、
(9)ユニリーバ、
(10)ウォルト・ディズニー

大納会のゲストが決まった。
リオ五輪で女子レスリング4連覇。
国民栄誉賞を受賞した伊調馨選手だ。
「鐘を打ち鳴らし鐘に勝つのが見たい」と市場関係者。
「金融もスポーツも勝負の世界。パワー全開の勝負強さにあやかりたい」という指摘もある。
以下は過去のゲスト一覧。
文化人の年の翌年は総じて軟調。
五輪選手の年の翌年は総じて堅調な印象。
因みに吉田沙保里選手が参加した翌年の2013年は上昇率が最も大きかった。

◎大納会のゲスト一覧
翌年の日経平均の騰落率
2002年長嶋茂雄(プロ野球・前巨人監督)24.5%
2003年毛利衛(宇宙飛行士)
ASIMO(ホンダの人間型ロボット)
7.6%
2004年野村忠宏(アテネ五輪柔道男子金メダリスト)40.2%
2005年為末大(ヘルシンキ世界陸上選手権400メートル障害 銅メダリスト) 6.9%
2006年井口資仁(米大リーグ・シカゴホワイトソックス)▲11.1%
2007年茂木健一郎(脳科学者)▲42.1%
2008年小椋久美子 / 潮田玲子(北京五輪バドミントン女子ダブルス5位)
鈴木孝幸(北京パラリンピック競泳男子50メートル平泳ぎ 金メダリスト)
19.0%
2009年石川遼(プロゴルファー)▲3.0%
2010年川口淳一郎(宇宙航空研究開発機構(JAXA)はやぶさプロジェクトマネジャー)▲17.3%
2011年佐々木則夫(サッカー女子日本代表監督)
安藤梢(サッカー女子日本代表)
22.9%
2012年吉田沙保里(ロンドン五輪女子レスリング金メダリスト)56.7%
2013年安倍晋三(首相)
佐藤真海(ロンドンパラリンピック・走り幅跳び代表)
7.10%
2014年シャーロット・ケイト・フォックス(NHK連続テレビ小説「マッサン」の亀山エリー役)
「JPX起業体験プログラム」最優秀チーム代表の中高生
9.10%
2015年佐渡裕(指揮者)▲3.8%(30日現在)。


日経平均想定レンジ

下限18007円(11月21日安値)〜上限18951円(大発会高値)

★昨年末→今年6月24日の騰落率「グロース(成長・安定)からバリュー(割安・景気敏感)へ」

○上位5業種(TOPIX33業種) ○下位5業種
 
食料  ▼9.9%         輸送▼31.0%
情報通信▼10.4%        鉱業▼32.9%
水産  ▼12.0%        証券▼35.5%
パルプ ▼12.3%        保険▼36.4%
建設  ▼14.7%        銀行▼36.9%

★6月24日→11月25日の騰落率(同)

○上位5業種(TOPIX33業種) ○下位5業種

保険    △50.8%   空運    △9.1%
その他製品 △42.4%   情報通信  △8.9%
証券    △39.6%   水産    △7.9%
非鉄    △38.1%   医薬品   △3.5%
非鉄ゴム  △37.3%   食料    △2.9%

★GPIFが3月末時点で保有している日本株(2120銘柄)

増加したのはNTT、JT。

1位(1)トヨタ(7203)   1億8843万株(1兆1404億円)
2位(2)三菱UFJ(8306) 11億6191万株(6164億円)
3位(6)NTT(9432)   1億1962万株 (5871億円)
4位(4)ホンダ(7267)   1億5214万株 (4728億円)
5位(8)KDDI(9433)  1億5195万株 (4613億円)
6位(12)JT(2914)     9603万株 (4504億円)
7位(3)三井住友(8316)  1億2456万株 (4343億円)
8位(5)ソフトバンク(9984)  7878万株 (4244億円)
9位(7)みずほ(8411)   23億1229万株(3972億円)
10位(24)ドコモ(9437) 1億2285万株 (3179億円)

★OECDの世界成長率は上方修正。
2016年の米国は1.5%、2017年は2.3%成長。
2016年の日本は0.8%、2017年は1.0%成長。
「2018年は財政健全化の取組みが優先するため0.8%成長に減速する」とのコメント。

25日時点の裁定買い残は前週比2481億円増の1兆5558億円と3週連続での増加。
売り残は前週比550億円減の2819億円と7週連続減少。
「買い残が売り残を下回った時が底打ちだった」というのが後講釈ではある。

(兜町カタリスト 櫻井英明)
過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。