05_report27.jpg
【話題】「裏のカジノ関連株?」コメ兵は8%高、カジノ法案に皮肉な見方も

■カジノで負けた客がブランド品を換金する需要の増加を先取るとか

kabu17.jpg


 ブランド品買い取り販売などのコメ兵<2780>(東2・売買単位100株)は14日の前場、8%高の1448円(105円高)となり、同じくネット型リユース事業のマーケットエンタープライズ<3135>(東マ・売買単位100株)は2%高だが3日続伸基調となった。

 12月20日に類似業態の新規上場銘柄・リネットジャパングループ(銘柄コード番号3556、東証マザーズ)が上場する予定のため、この業界が改めて評価し直されることに期待する雰囲気があるようだ。

 ただ、市場関係者によると、コメ兵などの買い材料には「裏のカジノ関連銘柄」としての見方もあるとされる。例の「カジノ解禁法案」(カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法案)の成立に向けた動きに関連して、「マカオなどでは、カジノで負けた人が手持ちのブランド品を売却する目的で質屋のような買い取り店が軒を連ねる裏通りがあり繁盛している」(市場関係者)として注目する動きがあるという。

 「表のカジノ関連株」としては日本金銭機械<6418>(東1)やオーイズミ<6428>(東1)などが代表格だが、前場は朝高のあと伸びきれず軟調。カジノ法案が14日にも参院本会議で可決される見通しと伝えられたが、これらの銘柄は法案の可決によって当面の期待材料に出尽くし感が広がると警戒する様子があった。

 コメ兵やマーケットエンタープライズがカジノの両替屋さんや質屋さんの代わりになるかどうかは定かでないが、たとえばマーケットエンタープライズでは、「ReRe(リリ)」などのサイトにネット上でも商品のコンディションに不安に感じることなく購入できる方式を採用し、買い取り販売する商品の1点1点に明確で詳細な7つのランクを設けるなどの新機軸を盛り込み、ネット上でも商品のコンディションに不安に感じることなく購入できる方式を拡充した。こうした企業努力が株価にも投影されてきたのかもしれない。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。