05_report27.jpg
【どう見るこの相場】日本株は米国株と為替次第


kabu17.jpg



■日本株は米国株と為替次第

連休明け1月10日〜13日の日本株は、特に個別の注目材料がなく、米国株と為替次第の展開だろう。

 前週の重要イベントだった1月6日の米16年12月雇用統計も好感する形で、NYダウ工業株30種平均株価は史上初の2万ドル目前に迫った。そして日本市場が休場だった1月9日は原油価格下落を嫌気する形で反落したが、トランプ・ラリーの強地合いが崩れたわけではない。

 そして日本株が米国株と為替に連動する流れにも変化はないだろう。NYダウ工業株30種平均株価が史上初めて2万ドルを突破し、為替のドル高・円安が進行すれば日経平均株価も連動して2万円を目指す展開だろう。

 ただしNYダウ工業株30種平均株価が2万ドルを目前にしてもたつくようであれば、日本株もトランプノミクスが世界経済に与える負の影響を警戒する動きを強める可能性もありそうだ。

 トヨタ自動車<7203>のメキシコ新工場建設に対するトランプ次期米大統領の圧力の影響は現時点では限定的のようだが、1月20日のトランプ次期米大統領の就任演説が接近し、今後の展開次第では日本企業全体への負の影響を警戒する動きに繋がる可能性もあるだろう。

 物色面では、日経平均株価が2万円を目指す展開になれば指数寄与度の高い主力株物色中心となり、年末年始に活況だった新興市場を中心とする中小型株物色が小休止となる可能性があるだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。