蔵王ぶらりグルメ旅
雪上車に乗る樹氷ツアー 


3月上旬、スキーのメッカ 蔵王に行ってみようと思い立ち、初めての蔵王に出かけてきた。
見る者を魅了してやまない蔵王。東京から宮城蔵王まで約380キロほどの距離だ! 

早朝5時ごろ駒込出発して目指すは「すみかわスノーパーク」である。
我輩3歳からスキーをし、当年とって58歳であるからスキーやボードをしたいとは思わないが、関西人からすれば『憧れの冬の蔵王』へ訪れたかったからである。

調べると、スキーやボードをしなくても『雪上車 樹氷見学ツアー』が開催されている。
片道約5時間のバスの旅
途中の福島付近の安達太良PAで『名物 牛タンわっぱめし』で腹ごしらえ
インターチェンジからスキー場入り口の大鳥居までの国道は快適な上り道でスムーズに進んだ。

鳥居をくぐるところからスキー場へ向かうアプローチは約9キロ。

日光いろは坂のような曲がりくねった道で、夏タイヤであればコーナーを攻めることが出来るのに!なぁんて事を考えながらスキー場へ到着、もちろんスタッドレスタイヤ必須ですよ!

3月上旬の日曜日、快晴にもかかわらず、人影が少ない!
なぜ? やはりインターチェンジから遠いことがネックとなっているのか? と考えつつ
ヒュッテの上にあるテラスが開放されていたので、雪と戯れるラブラブカップル達を横目にコーヒーで一息入れる。

今日の目的は樹氷見学である為 昨夜電話予約していた13:00の便のチェックインをする。
普通の雪上車(つり革もある電車仕様) と 少し座席が良い(長距離バス仕様)グランクラスがある。もちろん座席指定が出来るグランクラスを予約している。
集合時間近くになれば、観光バスが到着 海外からの観光客が押し寄せてきた。
座席指定していて良かったと痛感! グランクラスも予約で満席であった。

グワングワンとエンジンキャタピラ音で出発 スタッフさんたちも見送ってくれています。
樹氷源まで約50分
その間、運転手件ガイドさんが蔵王のことについて怒涛のごとく説明してくれるので、すごく勉強になるし楽しめます。

さらに樹氷が出来るには寒さと風が必要でほとんど吹雪いていますが本日最終日は無風で快晴。本日おこしのお客さんは日ごろの行いが良いんだねぇ って言ってくれるので、さらに気分も良くなった。 

超感激!
樹氷源と巨大樹氷!

樹氷源滞在時間 約15分
すばらしい景色にみんな感激で、記念撮影をしていました。

また3月13日からは「雪上車お釜ツアー」となり、噴火口に出来た湖が雪で覆われているところが見れるそうで、4月2日までの約1ヶ月間だけのツアーだそうです。

来年は、あなたも世界に誇る蔵王の大自然の芸術を見に行きませんか。

温暖化対策企業
[6501]日立製作所
[6753]シャープ
[6503]三菱電機
[6762]TDK
[6506]安川電機
[6701]NEC
[6504]富士電機
[6752]パナソニック
[6971]京セラ
[6841]横河電機
[6754]アンリツ

過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。