michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》

(7月03日から7月07日の週)

都議選で悪材料出尽くしというのは1950年台や60年台にあったこと。
「3日新甫は荒れる」の7月がスタートした。

6月の日銀短観通過。
企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業製造業でプラス17。
3四半期連続で改善した
3月の前回調査はプラス12。
3カ月後の見通しはプラス15。

2017年上期は終了。
日経平均株価の6月末終値は20033円。昨年末比5%上昇。
TOPIX500を対象にした株価上昇率。
首位はミネベアミツミ。半年で65%上昇した。
昭和電工が3位。
任天堂が4位。
下落率最大は大垣共立銀行。
2位は大日本住友製薬。
下期は金利上昇と市場テーマの独立性の綱引き。
ガラッと相場が変わるかどうかがポイントだろう。
6月急落はなかった。
となると秋までジワジワ上昇高値もみ合いなのかも知れない。


日経平均想定レンジ

20015円(25日移動平均)〜20868円(2015年6月高値)

相場は想像力と記憶力。
記憶力ではAIに負けても想像力では引けを取らないだろう。
重要なのは「何のために投資をしているのか」。
そして「どうしたいのか」。
これが結構明確ではない。
土曜のセミナー。
「メガバンクとか、電気とか、上がってきたんですけど売ったほうがいいでしょうか」。
と投資家さん」。
売りたい理由を聞いてみると、ほとんどない。
「売りたいんですか?お金が必要なんですか」と聞いてみると「そうでもありません」。
「では下がると思うんですか」と聞いてみると「わからないんです」。
「明確な目的と明確な方向を持つこと」。
言葉で言えば簡単だが、ご理解いただけたのかどうか。
これがよくわからない。
でもこういうご婦人投資家が登場してきたところを見ると、相場の第2幕スタートのような気もする。

《主要20業種の天気図。7〜9月産業景気予測》。
「晴れ」4業種(ー)建設・セメント、旅行・ホテル、アミューズメント、人材派遣
「薄日」11業種(+1)化学、通信、家電、リース、電子部品・半導体、ドラッグストア、
            ネットサービス、食品・飲料、産業・工作機械、広告
「曇り」10業種(ー)鉄鋼・非鉄、石油、繊維・アパレル、自動車、精密機械、
           スーパー、外食、医薬、マンション・住宅、コンビニエンスストア
「小雨」4業種(−1)プラント・造船、百貨店、かみ・パルプ、貨物輸送
「雨」1業種(ー)電力

(兜町カタリスト 櫻井英明)


過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。