michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》

(10月10日から10月13日の週)

週末金曜までは小幅とはいいながら日経平均が5日続伸(累計334円上昇)。
リズムは少し変わったのかも知れない。
日経平均株価は1.6%高で陽線、4続伸(累計7.3%上昇)。
TOPIXは0.7%高、4週続伸(累計5.9%上昇)。
東証マザーズ指数は1.1%安、4週ぶりの反落。
「接近する13週線と26週線に上値を抑えられた」との見方。
日経ジャスダック平均は0.4%高、4週続伸(累計6.9%上昇)。
東証2部指数は1.0%高、2週続伸(累計3.4%上昇)。
今週は4日立ち会い。衆院選よりも北朝鮮リスクへの解釈次第の動きだろう。
「月末の企業決算に意識が向かい、業績期待を支えに下げづらい地合い」という楽観論も聞こえる。
空売り比率は36.6%まで低下。
東証1部の単純平均株価が2754.77円と権利落ちを埋められないのが気にかかる。
しかし外国人投資家は10週間ぶりの買い越し。加えて4月14日安値の空売り期日も上昇期待材料だ。

日曜日経では「主要国10年ぶりそろって成長」の見出し。
OECDの予測からの記事だ。
「欧州経済が持ち直し、ブラジルやロシアなどの新興国も不振から脱した。
リーマン・ショック後の世界的な金融緩和が景気を支え、けん引役の米国と中国は内外需とも底堅い。
生産性の低下で世界の成長率は3%台と力強さを欠くが、設備投資や貿易の伸びに期待がかかる」。
これが相場の底流だ。


日経平均想定レンジ

下限20500円(心理的節目)〜上限21225円(PER15倍水準)

過去のトリ年相場は過去5回で4回がプラス、うち2回は大幅高だったのが歴史。
2005年 16,111.43円:40.24%上昇。
1993年 17,417.24円:2.91%上昇。
1981年 7,681.84円:7.95%上昇。
1969年 2,358.96円:37.56%上昇。
1957年 474.55円 13.58%下落。

日経平均株価は前年末比上下20%の範囲内で翌年は動く傾向がある。
その意味で限界値を知っておくことは重要になる。
前年末19114円×0.8=15291円が下限水準。
19114円×1.2=22936円が上限水準。

興味深いアノマリーは9月高→その後の株価上昇というもの。
2000年以降で日経平均の9月の月中平均が前月を上回り堅調だった年は8回。
その後の10〜12月期の株価も全て上昇し、平均上昇率は10.26%。
9月の月中平均が前月比マイナスとなった年も9回。
平均▲1.71%。
年末に向けての株価パフォーマンスに明確な差がある。

焼き鳥が値上げになり、ビールも値上げ。
各所で値上げの声が出始めたが今朝は日経新聞の値上げ。
11月から朝夕刊が現行の4509円→4900円になるという。
1部売りは160円→180円。
理由は配達費の上昇だという。
紙面の中身はともかくとして、値上げは1994年2月以来23年ぶり。
モノの値段が上がるというのを実践してくれたということになる。
株価だって上がってくる可能性の方が高い。


(兜町カタリスト 櫻井英明)

過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。