michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》

(01月09日から01月12日の週)
一気に上放れた大発会。
23000円の壁は登りきってのロケットスタートとなった。
「1年の計は発会にアリ。今年1年の強気相場を象徴する」という声も聞こえる。
89年以降2017年まで1月相場は15勝14敗。
ただ今年の大発会よりも上昇幅が大きかった92年、96年の日経平均は年間で下落している。
微妙なアノマリーでもある。
変動が大きいのも大発会の特徴。
89年以降、過去30年間で日経平均が1%以上変動したのは18回。
そのうち1%を超す上昇となったのは、今年の分を含めると13回となった。

「サンタクロース・ラリー」という言葉がある。
クリスマスの時期に株価が上昇するわけではなく、新年明けてからの買い戻しのことを指している。
NY株式市場でしばしば見られるクリスマスから新年1月にかけて株価が上昇する現象のことだ。
12月は節税対策など処分売りが出やすいがクリスマス以降はその売り圧力も減少。
1月にかけて買い戻しから株式市場が上昇するアノマリーだ。
「サンタクロースは米金融街にほぼ毎年のようにやってくる。
年内最後の5営業日から1月最初の2営業日にかけて、
短いながら甘美でまずまずの相場上昇が見られる」という。
つまり本物の「サンタクロース・ラリー」は年末年始の7営業日ということになる。
過去20年のサンタクロース・ラリーの平均はS&P500が0.9%高、NYダウは0.7%高。
NASDAQは7営業日で1.7%。
ラッセル2000も1.1%上昇している。

恒例のマグロ漁師のドキュメンタリー番組を見ていて思ったことが二つ。
一つは「漁師がマグロを選ぶのではなく、マグロが漁師の餌を選ぶ」。
主役は漁師ではなく、激闘のシナリオライターはマグロだということ。
株式市場でも投資家が銘柄を選ぶのではなく、実は急騰銘柄に選ばれた投資家になるかどうかという解釈が可能になる。
主客の既成概念の交代だ。
もうひとつはシケで漁に出れないときの漁師の行動。
トップ漁師は船の掃除にいそしむ。
そうでない漁師は休む。
いつも漁に出れないのは株式市場も一緒。
だったら漁に出ないときの行動は、銘柄研究や罫線比較に充てることが重要になるのかのも知れない。
まさに「雲外蒼天」だ。
日経朝刊連載小説「愉楽にて」はようやく佳境。
ようやく作者にも相場の綾が理解されてきたのだろうか。
株高の予兆と言ってもいいのかも知れない。

日経平均想定レンジ

下限23073円(1月月足陽線基準)〜上限24574円(200日線のプラス20%かい離水準)

視点を西暦に移すと・・・。
まずはラリーウィリアムズ。
「西暦の末尾8の年は2番目に株価が上昇しやすい。3月買い8月売り」。
西暦の末尾9か0の年は天井になりやすい
西暦の末尾が6の年に買って8の年に売る」。
そしてW.D.ギャン。
「8の年は10年サイクルの中で最も強気の年。
株式市場全体が値を飛ばすことが多い。
9の年は10進法の中で最大の数字であり、通常最後の強気相場を形成する。
ただ9〜10月頃から年末にかけて弱気相場が始まり、暴落相場がスタートすることもある。
一般に年前半の相場が強ければ強いほどその後の急落は厳しいものとなる。
0の年は弱気の年。
戻りが2〜3月頃まで続く事が多い。
その後かなりきつい下げが通常11月または12月まで続く。
早ければ12月に新しいサイクルに突入し、強気サイクルが発生する」。
時間軸を5年程度にすると、壮大な上昇相場の始まりなのかも知れない。

以下は大発会ストップ高銘柄。

Cキャット(2307)
アイスタディ(2345)
バルクHD(2467)
レカム(3323)
スターティア(3393)
グローバルL(3486)
OK(3808)
ユーザーL(3984)
ソルクシーズ(4284)
ブランジスタ(6176)
不二精機(6400)
SEMITE(6626)
一家ダイニン(9266)
杉村倉(9307)


以下は値上がり上位

東証1部
ソルクシーズ(4234)
SBI(8473)
セレス(3696)
スターティア(3393)
レーザーテック(6920)
サイボウズ(4776)

東証2部
杉村倉庫(9307)
アイスタデ(2345)
桜島埠(9353)

ジャスダック
レカム(3323)
NaITO(7624)
不二精機(6400)

マザーズ
ブランジスタ(6176)
ユーザーローカル(3984)
グローバルリンク(3486)
一家ダイニング(9266)
じげん(3679)
カナミック(3939)
共通テーマは「ビットコイン(仮想通貨関連)」、「半導体関連」、「カジノ関連」、
「ゲーム」、「居酒屋」、「介護」と市場関係者。

因みに・・・。
東京運命学院の「気学運勢暦」によれば週末金曜は「吹き値売り方針の日」。
SQまでは高いとみている。

(兜町カタリスト 櫻井英明)

過去のレポート
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。